半世紀、守り続け愛される担々麺

東京青山で昭和より半世紀に渡り
受け継がれてきた中華料理の味。
長年の経験こだわりの自家製調味料、オリジナルの香辛料が美味しさの秘訣。
濃厚な担々麺は1日平均100食以上、出るほどの看板メニュー。

香り豊かな自家製ラー油

3種の唐辛子、八角、ニッキ、ネギ、生姜、
玉ネギ、りんご、山椒、陳皮など種類の
スパイスをよく混ぜ合わせ、
油でゆっくり温度を上げながら作り上げた、
香り豊かな完全自家製の逸品

濃厚な自家製芝麻醤が
たっぷり

胡麻はペーストを一切使わず、
国産磨き胡麻を炒ってから1週間程寝かせ、
ミンチ機にかけて油と混ぜて完成
ゴマ一つ一つにとても神経を使った、濃厚なゴマダレ

日比谷園は、元々 HIBIYA-INN という称号で、
昭和21年 焼土と化した東京に、
最高権力者として君臨していた、 G·H·Q の娯楽施設として
経営されておりました。
その後中国人経営者を経て、昭和32年現社長の祖母が、
昭和43年母が 経営を引き継ぎました。
「青山日比谷園』は、昭和46年日比谷園の支店として
青山一丁目に中華料理店を出店したものを、
独立の会社として昭和50年有限会社を設立したものです。

〒107-0061
東京都港区北青山1丁目2-3
青山ビル B1

青山一丁目駅0番出口 直結
外苑前駅4出口から徒歩約6分
乃木坂駅1出口から徒歩約11分

平日・土曜:
【ランチ】11:30~14:30(L.O 14:00) 
【ディナー】17:00~21:00(L.O 20:00)

日曜:定休日